スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦弘行九段が竜王挑戦権を剥奪、出場停止

三浦九段が、2016年12月末まで出場停止になりました。
すでにファンや報道では憶測での議論が尽くされて
いるように思います。
ここここを読むと
経緯と現状は大筋にわかると思います。



私が気になるのは次の点です。
「三浦九段が、疑惑の中では指せないとして休場を申し出た」
(という将棋連盟からの主張)にもかかわらず、後に三浦九段が
「休場の意志を表明していない」
と食い違ったコメントを出している上に、将棋連盟が
「休場届を出さないから、出場停止にする」
としています。つまり将棋連盟によって三浦九段ははじめから
竜王戦に出られず休場させられることが決まっていることになります。

出場停止の理由は、後付けで「不正の疑い」も付け加えられました。
その後、将棋連盟は再調査することを発表しています。

休場の申し出は、たとえ三浦九段が口頭で言ってしまったにせよ、
休場届提出の段階で、出さずとも休場が決まっているのは変です。
ましてや、未提出を理由に出場停止となるのは、おかしいと思います。

不正が証明されていれば、出場停止はよく理解できます。
ただし、この場合は、休場届の提出は必要ないですね。
(本人の意志に関係なく、組織側からの決定で決めてよさそう)
でも不正はまだ、疑い、なのです。

アマ高段者(有段者?)であれば棋譜を見れば一目瞭然!と
言っている人もいますが、アマ初段の私にはわかりません。
抜きん出た手順だとは思います、プロの思考を超えているかは
想像を遙かに超えていて、まったくわかりません。
ただし、指したプロ(特に久保九段)が直感的に、
「あ、将棋ソフトでカンニングやってるな」
とわかるのはかなりだと思います。
不正はしているのだと私は思います。ただし証拠になりません。

不正しているのはプロ同士ではわかるのだとしても、
「スマホの利用禁止事態のルールが定まっていない」
「不正が証明されていない」
のであれば、行き過ぎた決定だったろうと思います。

2017年1月1日から三浦九段が復帰するのか
追加調査の結果がどうなるのか
調査で不正が証明されなければ補償は発生するか

とても気になりますね。
スポンサーサイト

将棋プロ棋士の収入

直前に、プロ棋士の昇段規定の勝ち数による規定が
実力を反映していなくておかしい、という意見をとりあげました。
(私はそうは思わず、今の昇段規定に妥当性を感じます)
収入は段位によらないもののようで、収入についてきになり、
少し調べてみました。

順位戦はリーグ戦で、年間の対局数が決まっています。
昇級、降級も年度末に行われ、年度内は固定です。
したがって、順位戦で発生する対局量が1年間の固定給
(つまり基本給)と考えて良いと思います。
C級2組(実力四段格)では年収200万円程度?
C級1組(実力五段格)では年収350万円程度?
B級2組(実力六段格)では年収500万円程度?
B級1組(実力七段格)では年収650万円程度?
A級(実力八段格)では年収800万円程度?
(島朗先生の著書、将棋界が分かる本を参考にしました)

これに順位戦以外の棋戦の対局料・タイトル料が
勝ち進んだだけ加算されていくという感じでしょう。
まあ、ざっくり上の金額の2~3倍くらいのイメージ
でしょうかね(ほぼ根拠はありません)。

プロ将棋の昇段規定について

行方八段があと何勝で九段か調べていたら、
こんなヤフー知恵袋のやりとりを見つけました。
(肝心の行方八段の昇段はわからぬまま・・・)

「段位の粗製乱造」とまで書いた人の回答が
ベストアンサーに選ばれていることから、
質問者はこの件について「アンチな結論ありき」と
決めつけている感じですね。
(別にそれが悪いとも、良いとも思いません)

私の意見は、昇段規定にとくに違和感はありません。
勝ち数での昇段については、さすがに他の規定よりも甘い
のだろうと思いますけど、程度は予想も付かないですね。
この知恵袋の質問者、ベストアンサー者のような人たちは
大概が心酔する先生がいてその方が九段か八段で、
格を競う相手(他のプロ、そのプロのファン)に富んでいる
ように思います。

正確な情報はなかなか得られませんが、
一応ある程度調べた限りでは棋士の給料(基本給)は
「段位」ではなく「順位戦の所属クラス」で決まっていると
考えて良さそうです。
つまり、段位はあくまでも名誉的なものであって、
「現役時の成績を示すもの」であれば良いと思います。
たとえば、C級2組から一度も上がれずに九段になるには
2016年4月8日現在では810勝かかることになります。
驚異的な勝ち数を要求されています。
これがC2には上がったが九段になるには・・・
B2では、B1では、となってA級まで上がると必要になる
勝ち数はへります。が、やはり上の級に上がること自体が
ハードルとなります。
キャリア後期に上の級に上がったとしたら、勝ち星カウントは
その時点から(順位戦昇級による昇段以降、の意味)で、
なんだかんだで、通算500勝程度は要求されると思います。

段位が「名誉的」であるなら、現役時のすべての成績が
昇段の判定に効いてくるべきで、全盛期の勢いが緩くとも
(グラフで言うと瞬時値が低くても)、末永い期間の活躍が
あれば(グラフで言うと、積分した面積が多くなるわけで)、
やはり、活躍を評価されるべきだろうと思います。

ただ、そういう末永い活躍の場合は、引退後の贈九段とか
のほうがあっているかもしれません(末永い活躍などは
後になってから評価されるべきという視点から)。

ただし、囲碁の先生との最高段位者の数などの問題などの
解消を考えると(必ず解消しなくてはならないとは思いますが)、
現役時に正式な段位として証する方がよいでしょう。

何人か回答されているように、段位とその時点での実力を
完全に結びつけているわけでないのは周知の事実な訳だし、
部外者が議論することではないのですけどね。

SOV31の公式SIMロック解除

XperiaZ4を無料でSIMフリー化しました。
ただし、自己購入のMNP購入サポート付き一括0円で、
180日経過しているものです。

まずここにアクセスしてIMEIという数字15桁を入れて、
SIMロック解除が可能か調べます。
https://au-cs0.kddi.com/au-support/sui/SUI001W001/SUI0010001BL.do
解除可能、解除出来るのは○月○日、解除手続き済み、
のいずれかが表示されると思います。
残債の未払いなどの理由でネットワーク制限をうけてると
たぶん解除不可能だと思います。

IMEIの確認方法
1.電池を取り外すなどして本体貼付のシールで確認
2.「設定」「端末情報(一番下)」「危機の状態(上から二番)」
  上から10番目の項目です。
3.電話をかける画面で「*#06#」で表示される。
4.保証書に購入代理店が手書きで書いてる

ちなみに1は電池交換出来ない機種はやり方不明。
2と3が簡単だと思います。4は私の場合記入ミスされてた。


次に、Webでロック解除の手続きを行います。
auサポートにau IDでログインして、「操作・設定・トラブル」のタブを選択して、
左下の「SIMロック解除の手続きをする」をクリック。
4桁のパスワード(契約時に紙に書いたもの)を入力する。
あとは、次へ次へ、という感じだったと思います。

これだけでは完了しません。
mineoのSIMを刺しても、本体に「パーソナルロック中」と出るだけでした。
(ドコモSIM、ドコモMVNO、ソフトバンクSIMはわかりません)
APNの設定画面にすらいけません。
APNの問題とかではなく、ロック解除されていないわけでもなく、
刺しているSIMの使用許可をしていない状態のようです。

SOV31本体で、「設定」「端末情報」「危機の状態」と開き、
「SIMカードステータス」を選択します。
「SIMステータス更新」ボタンをおすと。
SIMロックステータスが「非許可」から「許可」に変わり、
コードが「900」と表示されるようになります。
これで、モバイルネットワークにつなげられるような状態に
なりました。ただ、APNが設定されていないのでまだだめ。

「設定」でうえから7番目、無線とネットワークの中にある
「その他の設定」から「モバイルネットワーク設定」「高度な設定」
でCPA接続をオフにした状態で「CPA設定」を開きます。
ここで接続したいAPNに変更が可能です。

画像とか貼った方がわかりやすいと思いましたが
流れはこんなところです。

mineo(aプラン)を契約

SIMカード以外は特に同じなので割愛。
Volte対応のSIMカードは、いくつか切れ目が入っていて
標準SIM、マイクロSIM(micro SIM)、ナノSIM(nano SIM)を
選択して切断できます。
つまり、MR04LNに刺して使うにはSIM変換アダプタを使わず
マイクロSIMのサイズに切り取ればいいのです。
(あり得ないほど強く押せなければナノSIMにはなりません)
mineo-a.jpg


速度を測定してみました。
端末はいずれもSOV31、MR04LNからWi-Fiと、直刺しで比較。

機種とか下り(Mbps)上り(Mbps)時間帯
dプラン(MR04LN+SOV31)12.518.1511時台
aプラン(MR04LN+SOV31)6.215.3411時台
aプラン(SOV31)26.2111.0911時台
    
dプラン(MR04LN+SOV31)1.949.5712時台
aプラン(SOV31)1.180.6612時台
    
dプラン(MR04LN+SOV31)2.422.4516時台
aプラン(SOV31)2.021.1316時台


いずれも同条件ではdocomoプランの方が速くて、
けっこうがっかりでした。
auの方が下馬評はよいと思ったのですが、回線貸与の
レートがドコモの方が安いと聞きましたので、速度対策の
増強は、auよりドコモの方が価格対効果がよいから
ドコモばかり増強しているのでしょうか?

ただし、WiMAX2+エリア内でWiMAX2+非対応のMR04LNと
WiMAX2+対応のSOV31との比較で劇的な速度の違いが
あったので、mineoのauプランもUQモバイルと同様に
WiMAX2+の受信が可能でした。
(UQmobileは公式に対応していると明言しているようです)
プロフィール

たつみ

Author:たつみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。