スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ネタバレ注意] キャプテン [ちばあきお]

一人の主人公にずっと焦点を当てるのではなく、
ある中学校の野球部キャプテンの歴代のメンバーを
それぞれクローズアップしていきます。
そのキャプテンとしての行動が、キャプテンごとに実例と
して示されて、キャプテンとはどうあるべきかを問う、
そんなテーマの漫画です。
ネタバレありです。


【谷口編】
名門・青葉学院から墨谷二中に転校してきた二年生谷口が
墨谷二中の部員からはすごいのが転校してきたと勘違いされるが
実は青葉学院では二軍の補欠。
みんなの過剰な期待にとのギャップを埋めるべく
努力に次ぐ努力と、野球を知らない父ちゃんの助けで
少しずつだが実力を付けていく。
青葉学院では主力でなかったことを言い出せないままだったが
3年に進学する際に、後任のキャプテンを言い渡される。
青葉の二軍の補欠だったことを告白するが、
みんなには実力からそれとなくバレてしまっていた。
しかし、陰で努力して地道に実力を付けていく根性が
下級生にも強く伝わっていたようで、キャプテンとして認められる。
「父ちゃん、おれまたがんばらなくっちゃ」という、
キャプテン就任直後のセリフが、谷口を象徴しています。
キャプテン就任後、谷口は練習方法や試合での指揮、
1年生の扱いでみんなと意見が衝突しますが、
自分の意見がなかなか固まりません。
丸井という二年生が谷口に付きまとっていて、
丸井は一年生にもっと不条理にでも厳しくすべきだという。
そこにイガラシという口は悪いが有望な一年生が登場。
谷口は皆が大事にするチームワークは馴れ合いと混同していないか、
一年生をレギュラーにしない慣習に意味があるのか疑問に思い、
チームが強くなるためイガラシをレギュラーにする。
このことが二年生・丸井を補欠に押し出すこととなり、
仲良しチームの不協和音の発端となる。
諦めず努力して勝ち進み、谷口の元いた青葉学院と公式戦で戦います。
ピッチャーに近い位置から投げさせ、ノックも間近から打つという
無茶苦茶な努力を強いられ、部員が抗議に谷口の家に来ますが
谷口は部員の指導で練習できる時間がなく、夜遅くまで近くの神社で
父ちゃんと特訓をしています。
それを見て部員は抗議するなどできなくなります。
イガラシと丸井が見た、谷口キャプテンのキャプテン像です。
しかしイガラシは本当に一言多い。それも毒のある一言が。

特訓の成果と谷口、イガラシの奮闘もあって青葉学院との試合は
あと一歩の所まで行くが負けてしまう。しかし後日、
青葉学院が二軍の選手をスタメンとして最終的に一軍を揃えたので
高野連が定めた14人を超えて出場していて、これが原因で再試合となる。
再試合に向けて強気なイガラシも九回まで投げられるか弱気をこぼす。
これを聞いた谷口は自分もピッチャーとして練習し始める。
それを見た部員は、いまさら練習してモノになるか、と冷ややかだったが
次第に感化されて全員死にものぐるいで特訓することとなる。
青葉学院との再試合、観客の多さに緊張して序盤で失点を重ね、
中盤以降は徐々に追いついてきたものの、ピッチャーイガラシが疲労、
そして谷口は利き腕の爪をはがしてしまってリリーフ不能。
それを見たイガラシが弱音を吐けない、と奮起して九回途中まで力投。
その後、結局谷口がリリーフにあがり無理をして指を骨折。
それでも最後まであきらめなかった執念が、みんなを奮起させ
逆転優勝を果たす。

谷口キャプテンは、自分が最後まで努力し続けることで、
その背中を見たナインが自分が楽するわけに行かないと思わせる、
そんなキャプテンでした。



【丸井編】
全国優勝した翌年、新入生が集まった野球部の新キャプテンは
丸井が就任しました。丸井は先輩風を吹かせたり、周囲にいい顔を
したがったりする器の小さいところもある。
新入生には特に厳しく、力がありそうな者までも草むしりから
部になじませようとしており、谷口以前のキャプテン時代の
慣習も捨てきれていない様子。
そこでイガラシが新入生からレギュラー候補とリリーフ要因を
選出してはと指摘すると渋るところを見せ、谷口がイガラシを
レギュラーに選出した前例をイガラシがあげると、
新入生をテストしてみようと言い出す。
方針で揉めるごとに谷口さんなら、谷口さんだったら、、、と
キャプテンの器を感じない。
新入生のテストで近藤というストレート打ちとピッチングだけ
なら即戦力級だが、変化球打ちと守備下手が目も当てられない上に
関西弁で上級生相手にちゃんとした態度を取れないことで
丸井が怒ってしまう。
それでイガラシとキャプテンとして取るべき姿で意見が対立する。
結局はイガラシが近藤の教育役となってレギュラーとして
育成することで落ち着いたが、谷口が丸井をキャプテンに
なぜ指名したのかと思い始めることとなる。
迎えた初めて公式戦は春の選抜全国大会1回戦。
イガラシの2ランホームランで先制するが、
肩の調子がよくないイガラシは終盤につかまり、近藤のエラーで
2点を返されてしまう。その後、近藤をマウンドに送るが、
自分が打たれることを考えていなかった慢心で、
セットポジションやスクイズを知りすらもせず、
最後はファーストへのベースカバーを怠り負けてしまう。
近藤のエラーで負けてしまったのは事実だが、
丸井はそれを試合直後に大声で近藤にしかりつけてしまう。
しかも観客からのヤジにもキレてしまう始末。
一度は部員からキャプテン不適格を言い渡される丸井だが、
イガラシから言われたことや試合での言動を思い返し、
少しずつキャプテンとしての自覚を付けていく。
全国クラスの学校との練習試合を取り付けた丸井は
イガラシの提案で地獄の特訓をさらに過酷にして
部員は次々に抜けていきましたがチーム力は格段にアップします。
しかし相変わらず、近藤とはウマが合いません。
一方でイガラシは近藤のやる気を損なわずに練習させるように
丸井の方針に調整を入れたり、近藤に声をかけたりして
実質上のチームの中核を担うようになっていきます。
次の公式戦は順当に勝ち進み、決勝で青葉学院と対決します。
近藤は公式戦ではじめて打ち込まれ挫折感を感じます。
それをイガラシと丸井が褒めて諫めて青葉学院と互角に戦い、
肩が言うことを聞かなくなった近藤に変わりイガラシが
近藤が根を上げなかったのに自分が根を上げられるかと力投し、
最終延長18回まで進み、先行の青葉を抑えて負けをなくします。
最後の攻撃、満身創痍でバットを振る力もないナインですが
丸井は今まで能のなかったキャプテンとしての意地で出塁し、
イガラシは最後の力を振り絞り、出塁したが走れない丸井を
歩いて返せるようホームランで試合を締めくくります。
優勝した墨谷二中は、けが人が多いため全国大会は辞退します。

丸井は、自分自身はキャプテンとしても選手としても器が小さいが
周りの選手の自覚を促し、下の者たちが上を突き上げて強い次の世代を
生むキャプテンでした。



【イガラシ編】
キャプテンはイガラシ。弟も新入生で入ってきます。
イガラシ弟は兄と違い周囲に毒を吐くこともなく、
器用に周囲と接して社交性の高さをみせます。
反面、兄に輪をかけて体が小さく、兄ほどの逆境での精神力を
感じさせません。
レギュラーが5人も抜けて、前年の青葉学院との死闘で
肩の具合が回復しきらないイガラシと近藤を抱えていて
レギュラーが固まらない新戦力。
イガラシは、自分自身と近藤が1年生から奮闘したものの
中学野球になじむ前段階から無理をしてしまった教訓を生かし、
新3年生と新2年生に強烈なハッパを懸けてレギュラーへの
執着心を植え付けます。
キャプテンとして新戦力を見極めた結果、どうしても守備は
前年の水準を確保できない。近藤もそれを見抜いてイガラシに
新入生からのレギュラー選出のチャンスを進言する。
選抜大会まではもうほとんど時間が残されていないため、
今現在の力量のみを重視した、選抜大会向けに特化した人選のため。
しかしながら1年生に中学野球の厳しさ、特に逆境に対するメンタルと
小学生までにない連戦をこなす体力をのぞめるものかと二の足を踏む。
しかし、そのことで揉めていたイガラシと近藤の間にイガラシ弟が
割って入ってきて、新入生テストの実施を兄に認めさせる。
弟は兄以上に理知的で話術も長けている。
イガラシは新入生に加えて準レギュラーの2年、3年を含めた
メンバーを徹底的にをテストして7人まで絞ります。
この7人のみを特訓で鍛え上げるとして、残りのメンバーには
空いたスペースで通常練習をしろとだけ伝えます。
イガラシは合理的な考えでチームを強くする方法に取り組みますが、
足が遅い、肩が弱いなどの1つの理由だけでテストで落とされた
メンバーへのフォローが不足している部分も露呈します。
新入生が1人、親同伴で朝練と夜練をボイコットしてきた他、
厳しい練習を新聞にクローズアップされて、父兄から反発が出ます。
最終的にイガラシは親同伴で来た生徒を練習量が確保できない理由と
他の部員に更に練習時間が集中するために選抜メンバーから外して
しまっています。このことをその母親が恨んでいます。
実際にはその松尾という生徒はレギュラー組に復帰していて
母親の思い違いだった。しかし他の生徒の素振りのバットが
松尾の頭部に当たりケガをしてしまう。
このことが原因となり、あと3日で特訓打ち上げとなって挑むはずの
選抜大会を辞退しなくてはならず、特訓を生かす場を失ってしまう。
イガラシにとってのただ一つの夏の大会を迎えます。
OB丸井が所々でイガラシにお節介を焼きに来ます。
丸井の取り計らいもあり、丸井が進学した朝日高校との練習試合で
コテンパンにのされて、強豪との試合を経験します。
迎えた地区大会の決勝戦。
相手は青葉学院ではなく青葉学院を負かして決勝進出してきた、
イガラシの級友の井口投手を擁する江田川。
この日はイガラシが先発し、近藤はライトに回っていた。
先制して逃げ切りをはかった墨谷だったが、
ピッチャーをおろされて三振ばかりでいいところのない近藤が、
最終回にポカをして同点に追いつかれてしまう。
その後、近藤をマウンドに上げるが、イガラシはキャプテンとして
近藤の心境にフォローを入れた上、キャッチャーが近藤の心境を
察していないことを諫めるなど、キャプテンたる態度を
遺憾なく発揮する。試合は策を弄した江田川をわずかに墨谷が制した。
全国大会は苦戦しながらも勝ち進むが、走塁時に近藤が利き腕の指の
爪をはがしてしまい、またしてもイガラシに負担が集中する。
決勝戦までいくとイガラシも満身創痍。それでも青葉学院を実力で
王者から引き下ろした和合との決勝戦で、キャプテンとして最後まで
あきらめることなく、悲願の全国優勝を果たします。

イガラシは間違いなく本作の中での最高のプレーヤーです。
しかし、キャプテンシーを発揮しだしてからも丸井の助けを
受けてチームをまとめていっているシーンも伺えます。
キャプテンとしては必ずしも最高ではないかもしれません。
それ以上に、イガラシという後輩を持ち、OBとなり、
丸井が更に冷静なキャプテンシーを持つよう成長します。



【近藤編】
時期キャプテンは近藤。近藤はマイペースで頼りない。
だが、後輩を威圧しすぎることもなく、前年日本一の重圧に
負けることもなく消去法でイガラシから選ばれたようだ。
新2年生、新3年生からも近藤のキャプテン就任に
疑問があがる中、近藤体制がスタートする。
近藤は早速、新入生からのピッチャー選出に乗り出す。
歴代のキャプテンとは大きく違い、おおざっぱには篩にかけず、
一人一人適性を確認しながらピッチャーの素質をみていく。
近藤自身も変化球を覚えて、スタミナとコントロールも向上し
性格も以前より落ち着き成長を見せている。
しかし、スクイズで間に合わないランナーにタッチに行ったりと
まだまだとっさの場面での判断など、精神力に甘さが見られる。
そして性格の起伏の激しさは相変わらず。
ファーストの佐藤が素手で持ったボールをベースタッチして
スパイクに蹴られケガをしてしまう。
また、味方走者が相手捕手にラフなブロックを受けたことに
徐々に不快感を出し、捕手の牧野がさらに走塁時にケガをさせられ、
自身の走塁時にやはり過度なブロックに合った腹いせに
体当たりで相手を吹っ飛ばして本塁に生還し、
守備妨害と退場処分を言い渡される。
あとのマウンドを一年生に任せ、想像以上の健闘をはたすが、
試合はあと一歩のところで敗れてしまう。

近藤編は正直途中で終わっているのではないかと思う。
キャプテンとしての近藤は未完成だが、先を見据えた政策や
あらゆる可能性を汲み取る部分は評価できるが、
怒りっぽいところやスネやすい性格などはキャプテン向きではない。
反面、同じく怒りっぽい性格の牧野がキャプテンとしての
繊細な面を補っており、厳しすぎない完璧すぎないキャプテンを
担っている。

私はでかいことを言いその通り実行するイガラシ(兄)
がとても好きです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たつみ

Author:たつみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。