スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HWD15の速度測定(SHV31と比較)

以前に、TRY WiMAXでHWD15を借りて
速度をチェックした結果(千葉編)です。
単位はMbpsです。
UPとPINGは面倒くさいので省き、DOWNのみで評価。

SHV31HWD15HWD15GL06P
LTELTEWiMAX2+LTE
自宅2F外13.407.9735.6527.77
自宅2F内10.408.9328.5915.62
自宅1F外80.636.1250.0016.48
自宅1F内3.489.6320.7016.61
千葉市内67.8914.2017.9529.68
袖ヶ浦市内5.45返却後返却後圏外
木更津市内13.80返却後返却後23.29
会社事務所22.47
会社作業場115.352.735.65
会社作業場25.24圏外4.99
海岸の公園34.4240.198.57


まず、HWD15は、LTE2GHz帯、1.5GHz帯の通信は出来ません。
WiMAX2+でなくLTE(au網)で接続しているときは、
必ず800MHzです(TryWimax中には知りませんでした)。
うまく、WiMAX2+と2GHzと1.5GHzが圏外のところで測定すれば
800MHz帯を違う装置で測定していることになります。
SHV31はHWD15よりも感度が弱いようで、7割前後の速度でした。
(今回のデータではなく、事前に調べたものです)

それを踏まえた上で、自宅2Fの測定結果を見てみると、
SHV31(LTE)はHWD15(LTE)よりも速いが、HWD15(WiMAX2+)
よりも明らかに遅くことから、2GHzを拾ってる気がします。

1FではSHV31(LTE)はHWD15(LTE)よりはっきりと遅く、
2GHzをつかんでいるなら電波状況が悪いのでしょうし、
おそらくは800MHz同士のアンテナ感度による違いだと思います。

1F外では、SHV31(LTE)はHWD15のどのデータよりも速いので
2GHzをつかんでいるか、2GHzと800MHzのCAが効いています。
同じことが千葉市内(親戚の家)でもいえるので2GHz圏内なら
HWD15は分が悪いですね。WiMAX2+が圏内なら別ですが
そのWiMAX2+も、SHV31で通信可能ですので。

会社事務所、会社作業場1、会社作業場2、海岸の公園では
SHV31はフラット解約済みなので未測定です。
2015年11月以降にはフラットを外せなくなるそうなので、
今後フラットを付ける気になどなれず、もうSHV31では
データは取らないでしょうね。

HWD15を返却後に、はかりにいったところもデータが不足してます。

自宅内と会社作業場2で、GL06Pが健闘しています。
GL06Pが事実上、データ量規制がないようなものだと鑑みれば
あと4ヶ月使い倒すのは当然として、解約するのが勿体ない。
私も、手持ちのSOV31が2016年3月でSIMロック解除出来るので、
11月から始まるmineo/UQ mobileのVoLTE対応のau SIMで
HWD31にauの2GHz帯とCAを加えた通信ができるかも、と
期待がふくらみます。
ただし、800MHz(最大75Mbps)だけではそれほどパンチなく、
個体代替のW01一括0円狙いも、すこしトーンダウンです。

ちなみに私はGL06PのLTEにねんが2016年1月末に切れますが
そこから単月(にねん系割引なし)で月額5204円です。
これくらいなら2ヶ月くらいいいかもとも思いますけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たつみ

Author:たつみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。