スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニで得する:セブンイレブン編(公共料金でポイント)

さんざん書き尽くされたことなのですが、備忘録です。

準備1:リクルートカードをつくる()。
準備2:nanacoモバイル対応の携帯電話

セブンイレブンを使う人は、すでにnanacoを使ってるかも
しれませんが、クレジットチャージでもっと得になります。

まず、つくるカードは普通のリクルートカードか、リクルートカードプラスか。
私のお薦めは年会費無料のリクルートカードですが、年間の支払いが
27万円を超えるようならリクルートカードよりリクルートカードプラスが最適です。
または巷で有名な漢方スタイルカードは、
リクルートカードプラスと同じようなものです。
ポイントの使い回しの良さを決め手にするといいと思います。

リクルートカードにするのならばブランドをVISAとJCBから選びます。
VISAなら楽天edy、スマートICOCAでチャージポイントが付くので得。
JCBならETCカードの発行手数料が無料で得。
楽天edyも使う私は、リクルートカードVISA一択です。
なお、VISAブランドがnanacoに対応したのは2014年2月28日です。

使い方はクレジットからあらかじめnanacoにチャージしておいて
nanacoで決済するだけです。チャージ時にポイントが貰えるほかに
nanaco利用時のポイントも貰えていわゆる二重取りです。
二重取り、三重取りに重きを置くべきでなく、あくまで還元率と
貰ったポイントの使い回しの良さが大事です。
リクルートカードはポイントが実質的に無期限に持つのと
PONTAポイントに返還できるのが優位なところです。
nanacoは言うまでもなくnanacoチャージに使えるので
ためたポイントは余すところなく有効利用できると思います。
2015年春にリクルートポイントとPONTAポイントは統合される
との報道がありました。

この方法の裏技は、nanacoで公共料金が支払えるところにあります。
nanacoのポイントは貯まりませんが、nanacoにチャージした部分の
ポイントが貯まるので、自動車税・固定資産税・住民税などの
コンビニが代理収納している料金をnanacoで払うと、クレジットカードの
ポイントが加算されることになります。
重ね重ねnanacoのポイントは貯まりませんが、金額が大きいので
結構馬鹿になりません。
また、nanacoのチャージ額は50000円が限度ですが、
nanaco決済は一度に5枚までOKなようです。
末尾に8のつく8日、18日、28日にイトーヨーカドーに行くと、
初期1000円チャージと引き替えにnanacoが無料で手に入るそうです。

複数枚のnanacoで払いのは若干引く気がしますが、
公共料金の支払いで1.2%のポイント還元があり、
通常の買い物では1.2%固定にプラスして100円ごとに1円相当の
ポイントが付き合計2.2%還元になります。

以前はファミマTカードでのみ公共料金がクレジットカードで払えて
しかもTポイント(0.5%)が付くというのが話題でしたが、
現在ではファミマTカードで払えるもののポイントは対象外です。
この点で、ファミマの価値が私の中で暴落しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たつみ

Author:たつみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。